2017年 夏 シーティングセミナーが進化します!

2017年 7月のセミナーより、ユニリハのシーティングが進化します。

■■■ こんな風に進化します ■■■

これまで、理論編で培った内容を臨床ですぐに使うために、実技工房編では実際のクッションを作る事で知識や技術を深めてきました。

これを!理論編をより深めた「臨床シーティング」と実技工房編をより深めた「ものづくりシーティング」の二つに分化します。

「臨床シーティング」では、これまでの世界中にあるシーティング、方法、技術論カリキュラムの学習要点はそのままに、そこからさらに物品、車椅子、経済的条件の厳しい『臨床という場』にあるものだけで作ってしまおう、そこに重点を置くセミナーです。その名の通り、使用物品は、タオル、段ボール等身の回りのあるもので、エアクッションやゲルクッションを作ります。

「ものづくりシーティング」はこれまで、理論編から実技工房編へのセミナーの流れを実技工房編にロックオンした内容のセミナーです。徹底的に作るという「手に職をつける」レベルに押し上げ、『セラピスト職人化計画』のイメージで技術を習得します。これまで通り、市場に売られているクッションを数千円で作ってしまうセミナーです。

 

■■■ 進化の背景 ■■■

これまでシーティングだけで、年間30回程のセミナーを開催する中で、たくさんの質問をいただい事に起因します。

  • 「Aのセミナーの勉強会に参加したら、これまで習ったBのシーティング技術を否定されました。どれが正しいのですか?」
  • 「どの勉強会も理屈はごもっともですが、そもそも臨床には『もの』がないんです。」
  • 「正しいシーティング、正しい座位は存在しないと言われました。じゃあ、何をやっても無駄ということですか?」
  • 「業者さんのシーティングセミナーに参加したら、ただの商品説明会でした。」
  • 「外国の高名な先生のセミナーでしたが、全然理解できませんでした。」

このような質問を毎回たくさんの方に頂くため、臨床に特化した勉強会の開催を計画しました。もう迷わない、やることが分かった、臨床でものがなくても、「エアクッションは作れるんだ」「ゲルクッションは作れるんだ」等の新しいケアの扉を開くお手伝いが出来ればと考えています。

 

■■■ 進化できる理由 ■■■

理由は簡単。

ユニリハは、研究やものづくりがBase。。。ゼロから「1」を生み出す、プロフェッショナルだからです。

■■■ シーティングページへアクセス ■■■

シーティング研究会はこちら

臨床シーティングセミナーページへはこちら

ものづくりシーティングページへはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL