摂食嚥下リハビリテーションの新たな視点と介入手段

【長期療養生活6年、ADL全介助の症例に、局所的ではなく、全身の筋緊張を一度に落とすポジショニングを行ったところ、拘縮が変化して端座位や自立、20日後にお楽しみのゼリー食を用いた摂食嚥下訓練の介入に至った。】2013年9月、岡山開催の第9回摂食嚥下リハビリテーション学会へ口述発表しました。

当協会の摂食嚥下リハビリテーションセミナーではこの原理を説明し、症例から全身の筋緊張制御を行うことでの、呼吸筋、横隔膜、呼吸数の低下(過呼吸の変化)、舌骨上筋群、舌骨下筋群の過緊張の改善、摂食嚥下の変化を報告します。また認知、高次脳機能、筋収縮様式の変化も熟考し考察していきます。そして、症例(下記参照)をもとにポジショニング方法と技術伝達を行います。

全身の筋緊張を一度に落とすポジショニングとは身体質量と重力を拮抗させた環境で行うアプローチです。筋緊張が安定し、変化した身体状況は自律神経系の安定(副交感神経優位)や呼吸、循環へと波及し、緊張緩和による嚥下機能改善が認められ、現在も研究が続けられています。

症例1.誤嚥性肺炎を繰り返し全身関節拘縮、長期療養生活から2カ月後嚥下訓練導入開始。上記の筋緊張のコントロールが誤嚥性肺炎を繰り返す長期療養生活を送る症例に変化をもたらした。局所的ではなく全身的な過緊張の緩和が摂食嚥下に影響した。
症例2.頸髄不全損傷、長期療養、全身関節拘縮、起居動作全介助の状態から介入4回目で端座位、24日目で車いす自操、32日目でADLを獲得した。

<今後のセミナー予定>

8月17日(金)10:00~16:30 理論編×実技体感編   ・・・八王子市芸術文化会館いちょうホール

9月2日(日)10:00~16:30 理論編×実技体感編   ・・・府中市立教育センター

ご予約はこちらからお願いします。

理論編

理論編×実技体感編

(1日セミナーでどちらかのみ希望する場合はメッセージ欄に記入をお願いします)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL