「食後の血糖値やコレステロールが気になります。自然食品で何とかなりませんか?」


自然食品で血糖値やコレステロールを下げたい方はコチラをクリック↑↑↑

先日会社の健康診断で、血糖値とコレステロールの値を医者から指摘されました。
しかし、私は肥満ではなく体重も標準体重です。
薬を飲むような感覚にはなれず、せめてサプリメントや自然食品で生活の中で血糖値やコレステロールを下げられたらと思っています。
何か良い物をご紹介ください。  tatatanoasi様よりご質問

■ ユニリハネットワークです。

 こちらでは様々なご質問に、全国からのユニリハネットワークを駆使してお答えする、一問一答のコーナーです。 
 tatatanoasi様ご質問ありがとうございます。
 確かに最近では、薬の処方に関して慎重な傾向にあります。
 例えば、血圧が高いからと言ってすぐに血圧降下剤を処方するのはどうかという問題や
コレステロールや血糖値に関しても、家族性に高く、遺伝的要因が指摘されています。
 ここに数値が高いからと言ってすぐに薬を飲んでしまうと、
想定外の副作用や肝臓を利用して無毒化していくので倦怠感や不眠症なども心配されます。
 そこで、今回はこちらの案件をピックアップしました。
 ご参考になれば幸いです。

■ 糖対策の決定版!医師推奨ドイツ産のイヌリン特濃サプリ!

●血糖値やコレステロールを下げる効果がある「菊芋」をサプリメント化
●菊芋とは、糖対策にぴったりな成分イヌリンが豊富な食物として近年話題です。
 医師の方々からも注目されています。テレビ・雑誌などで医師が絶賛する話題の菊芋です。

■ おすすめする科学的エビデンス(科学的根拠)

1.国立大学でのモニタリング結果が有ります。
業界トップクラス68%のイヌリン含有率糖対策にぴったりな成分イヌリンが豊富(厚生労働大臣登録検査機関である埼玉県食品衛生検査センターにてイヌリン含有量検査済です。)
2.菊芋の栽培は寒冷地が適しています。
朝鮮人参などと同じく、根菜類である菊芋は寒冷地の方が根を深く張り、
養分を吸収してインリンの豊富な菊芋が収穫できるのです。
ドイツの契約農家で土壌づくりをしっかり管理し隔年栽培を行っています。
3.無農薬栽培のドイツ産菊芋を使用
(ドイツのオーガニック証明書を取得しています。)
ドイツ産菊芋から作られた濃縮サプリ。
保存料・香料・着色料などは完全不使用なので安心安全です。

■ こんな方におすすめ

高血糖でお悩みの方全般
食後の血糖値が気になる方、コレステロールが気になる方、
血流を良くしたい方、腸内環境を整えたい方

■ 摂取のタイミング

一日摂取目安量8粒~30粒
顆粒は1~3包
食前をお勧めしていますが、飲み忘れた場合は、
食事と一緒に、または食後に飲んでいただいても大丈夫です。
 

■ まとめ

血糖値やコレステロールを下げるには薬の他にサプリメントを効率よく摂取することです。しかし医師によるエビデンスや検査調査において有効成分が認められているものを厳選しましょう。それが、自然食品やスーパーフードであることが望ましいです。そのなかでも近年「イヌリン」が注目されています。「イヌリン」は菊芋に最も多く含まれており、それはドイツ産が提唱されています。

医師推奨ドイツ産のイヌリン特濃サプリ」詳細はコチラへ↓↓↓

自然食品で血糖値やコレステロールを下げたい方はこちらをクリック↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL