研究1 ユニリハ研究会

基本原理である『普遍性原理』の研究を行う部署です。

◆◆◆ セミナーをお探しの方は、こちらをクリック ◆◆◆

■■■ 研究内容 ■■■

普遍性原理を利用してあらたな視点のリハビリテーションを創造する事が目的です。

普遍性原理とは

普遍性原理を用いると、全身に3~10mmHgという微小反作用の環境となります。この普遍性原理を用いる事で、リラクゼーション、関節拘縮の変化、改善、呼吸循環状態の改善の報告があります。この事実は、現在まで臨床で行われているリハビリテーションへ繋げる事で、評価の簡略化、検査としての効果、プログラム立案の正確性など様々な介入方法の幅が広がります。

 

■■■ 研究イメージ ■■■

unirehasemina

図1 研究のイメージ

●図1を参照。普遍性原理から、まずリハビリテーションを相対性と絶対性に分類します。相対性とはアインシュタインの相対性理論等ではなく、教育分野を例えにすると成績をつけるときの絶対評価や相対評価という意味と考えてください。

●相対性リハビリテーションは普遍性原理を参考にした、重力と身体質量の関係性から身体を考える学問です。すなわち、姿勢を作るときの前段階、動作や運動を行うときの脳の働きや神経、神経筋接合部、αーγ連関など、運動発現以前の身体内部の状況を整える事に真髄があります。

●相対性で身体内部の運動準備状態を整えて、従来リハビリの絶対性リハビリテーションへ繋げる。

●日常生活やリハビリにより疲労や疼痛等が発生したらすぐに相対性リハビリテーションにもどり、普遍性原理を用いた内部的リハビリテーションを行う。

●フローチャートにまとめめてみます。

 

■■■   フローチャート   ■■■

普遍性原理 → 相対性リハビリテーション → 絶対性リハビリテーション → 相対性、絶対性を組み合わせてリハビリテーションを行ったらどうか → 様々な研究会に分化した → 研究発表の場の必要性 → セミナーの開催 → たくさんの方々との技術共有

 

sin-hitotunagi

図2 ユニリハ研究と他研究とのつながり

 

 

■■■  相対性から絶対性へリハビリテーション   ■■■

相対性から絶対性へリハビリテーションをリンクさせていきますので、自然界にある研究には繋がりが生まれます。このため、図2のような位置関係となり「ひとつながり」の研究と考える事ができます。

当研究会はこのようなひとつの研究が、重力との拮抗や関係性を連結する相対論を用いる事で、様々にリンクし「ひとつなぎ」であるという研究を行っています。

 

■■■   セミナーへのお申し込みはこちらへ   ■■■

セミナーへ申し込む

※※※   ご注意   ※※※

実技実演編、工房編へのお申し込みは各セミナーの理論編及び総論編の受講が必要となります。

予めご了承ください