車椅子設計・採寸・選定技術研究会

以下の活動を中心に研究しております。

 

 

■■■   車椅子設計及び製作   ■■■

車椅子の採寸や車椅子適合、選定のための身体採寸方法がわかっていれば、業者さんではなくセオーダーフォーム完全体ラピストの目線から車椅子を選定できます。その瞬間、ただのタイヤの付いた椅子は治療技術や治療器具となるでしょう。

 

 

 

外科医が自分のメスを業者さんに作らせ、発注するように、車椅子もセラピストが自分で採寸し選定できれば、車椅子という治療器具を通じて在宅でも、リハビリの治療効果が持続することになります。

 

そうはいっても難しいだろう」

「そのときは習得できてもすぐに忘れてしまいそう」

「臨床で忙しくてそこまでは…」と考える方もいるでしょう。

でも、ポイントを絞れば実はとても簡単で短時間でてしまいます。img001

しかも、セミナーでの技術、知識が消えないように、

2014/ 4/13 15:50

2014/ 4/13 15:50

プロでも使う車椅子身体採寸ツール8点セットをプレゼント実際に道具をお渡しして、使いながらセミナーを進めていきます。だから、ものづくりは苦手という方にも大丈夫です。

 

■車椅子を治療機器に変える ■車椅子や身体採寸ができるから、オーダーメイドの車椅子がわかる。オーダーメイドのイメージがあるからシーティングは自然に習得できる。

採寸ができ、オーダーメイドの知識があれば、街を行く、廊下を行く車椅子姿勢を見ただけで適合が正しいかどうかがわかります。meducation

それは製図知識という全世界的エビデンスに裏付けられたものです。製図という世界的共通言語からもたらされた技術であり評価となります。このため、車椅子選定は、より安易で簡単な業務になっていきます。

さらに、シーティング技術、概念も自然に身体に身に着くようになっていくでしょう。

■車椅子の採寸、そのための身体採寸はとても簡単です。  たとえば、「横方向の採寸はパイプの内内(パイプ間の内側同士の寸法を測る」「縦方向は上上(地面からパイプの上までの寸法を測る)という採寸のルールがあります。こういったルールやポイントを絞って説明しますので、誰でも簡単に採寸ができます。

 

■■■   セミナーへのお申し込みはこちらへ   ■■■

セミナーへ申し込む

※※※   ご注意   ※※※

実技実演編、工房編へのお申し込みは各セミナーの理論編及び総論編の受講が必要となります。

予めご了承ください