ユニバーサル リハビリテーション医学概論セミナー

 

■■■ 協会の原理、理論を深く説明する場です  ■■■

ユニバーサルリハビリテーションとは、普遍性原理を根拠としたリハビリテーションです。
普遍性原理とは、重力と身体質量が拮抗し、支持基底面を広範囲にすることで発現する変化をリハビリテーションへ生かしていく学問です。
従来のリハビリテーションは、重力があるため筋力訓練、バランス訓練などのアプローチ方法を構築しますが、ユニバーサル リハビリテーションとは重力と重力質量が拮抗すると、ヒトの体はどのような変化が起こるのかを追求する相対性リハビリテーションです。
この知見や技術を共有するための勉強会です。

 

■■■     講義スケジュール     ■■■

1.普遍性を原理を用いることで、過緊張や低緊張など異常筋緊張が簡単に変化します。それは、ポツリヌス療法と同様の効果が見られます。

2.筋緊張が変化するという事は、呼吸や循環に変化が起こります。そのデータを共有します。

3.筋緊張や呼吸循環に変化が起こるという事は、副交感神経の賦活や確実なリラクゼーションを作り出す事と同義です。この現象を共有します。

4.これが、リハビリテーション全体に波及することを学びます。全体に行き渡る、ひとつなぎである事からユニバーサルのリハビリテーションという名称が付きました。

 

■■■     講義のポイント     ■■■

講義はスライドで研究者自らが行います。また、信憑性や信頼性を追求するために画像や動画を中心としたセミナーの構成になっています。
当協会の勉強会はすべて研究結果から得れらた知見から構成されています。思い込みや根拠のない発表は行っていません。安心してご参加ください。

 

■■■     受講生の声     ■■■

理学療法士 経験年数7年:ユニリハ協会の全体像がつかめました。

理学療法士 経験年数12年:興味のある勉強会が多かったので、選ぶ基準が出来ました。

作業療法士 経験年数25年:リハビリ室で簡単に過緊張の方の改善ができるので、ポツリヌス療法より患者にリスクが少ないと感じました。

作業療法士 経験年数10年:ポジショニング、シーティング、エンジニアリングなどいろいろあり、全部に出てみたいと思いましたが、まずは臨床で一番困っている過緊張の方の改善がしたいです。なので、ポジションングR.E.D.から始めてみたいと思います。

理学療法士 経験年数4年:原理や理論がしっかりとしていて、しかもそれが物理学である事に驚嘆しました。

医師 経験年数22年:まだまだ、リハビリ室から発信する研究テーマがある事に驚きました。是非、他のセミナーにも参加します。