Universality theory 普遍性理論 

■■■ 原理から理論へ ■■■

ユニリハの原理、【Universality Principle 普遍性原理】を具現化し、臨床で使えるようにしたものがUniversality theory    ( 普遍性理論)です。pic_g306

 

■■■ 理論を臨床アプローチへ ■■■

Universality theory  ( 普遍性理論)とは、絶対性重力環境下で行うリハビリテーションと相対性重力環境下で行うリハビリテーションを統合したアプローチです。
なんだか、難しく聞こえるかもしれませんが、とても簡単です。重力に対して身体はどうあるべきかを考えたのが絶対性重力環境下での医学です。この対極が、重力に対して身体質量が拮抗する環境をつくると身体はどのような反応を示すのかを考えたのが相対性重力環境下での医学です。
これら2つの要因を統合してリハビリテーションアプローチを行うことが、M.U.T です。

絶対性という言葉と相対性という言葉を説明するために、国土交通省の国家地理院の重力に対する研究から引用してみましょう。

日本はおろか、世界での重力測定には2種類の測定方法があります。絶対重力測定と相対重力測定です。

絶対重力は鉄球を前上に投げて測る測定方法、相対性重力はばねの様な伸縮し重さを受容する部材にとりつけ、鉄球の重さとばねが釣り合った拮抗した量で重力を測定します。pic_g250

綜医学療法では、まず相対重力の様な重力と身体質量が拮抗した状態から治療を開始し、段階的に絶対性重力環境下での治療をお紺なっていきます。このような、自然界にある絶対性、相対性をつかいこなす療法であるため綜医学と命名しています。

 

■■■   セミナーへのお申し込みはこちらへ   ■■■

セミナーへ申し込む

※※※   ご注意   ※※※

実技実演編、工房編へのお申し込みは各セミナーの理論編及び総論編の受講が必要となります。

予めご了承ください