車いす設計身体採寸と 適合選定×車いすメンテナンス~医療福祉従事者でありながらエンジニア~  

工学は難しそう…

でも、車いすはとても身近でとても大切なもの。

 

長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士が、工学技術とリハビリテーション医学の目線から

採寸、適合、選定、メンテナンスを出来るようになるまで、丁寧にお教えします。

そして、その技術を生かしていただくために設計採寸用ツールセット、メンテナンス工具セットがそれぞれに

付属しています。

『車いす設計身体採寸と 適合選定セミナー』

車椅子の採寸や車椅子適合、選定のための身体採寸方法がわかっていれば、業者ではなくセラピストの目線から車椅子を選定できます。

その結果、車椅子という治療器具を通じて、在宅でもリハビリの治療効果が持続することになります。

医学を学んだセラピストが、本当にゼロからシーティング技術を学ばなくてはいけないのでしょうか。

座る技術を教え込まれた我々は、工学というきっかけを知るだけで、車椅子やシーティングをはじめ、

たくさんの存在を治療手段に変えることができるはずです。

『車いすメンテナンスセミナー』

車椅子のメンテナンスを怠る事で、様々な事故が起こることがあります。この問題を解消するため、

的確で効率のよいメンテナンス方法と調整のポイントをわかりやすく説明します。

メンテナンスは車椅子の能力を最大限に引き出す方法です。

このため、ADLや日常の姿勢、車椅子シーティングにも大きく関わってきます。

車椅子メンテナンスを通じて、最低ここだけ調整すれば、日常で快適に座れてしまうシーティング技術も合わせてご紹介します。

<今後のセミナー予定>

8月10日(金)10:00~16:30 設計、採寸、適合×メンテナンス  八王子市芸術文化会館いちょうホール

8月18日(土)18:45~21:30 メンテナンス           八王子市芸術文化会館いちょうホール

8月21日(火)18:45~21:30 設計身体採寸と 適合選定     調布市文化会館たづくり

9月29日(土)18:45~21:30 メンテナンス          府中市立教育センター

ご予約はこちらから

メンテナンスセミナー

設計身体採寸と 適合選定セミナー

設計、採寸、適合×メンテナンス  (設計、採寸、適合のみ または メンテナンスのみ希望の場合はメッセージ欄に記入をお願いします)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL