無料共有特典 No3 ユニリハを構築するために参照してきた論文をご紹介します。

筋緊張検査におけるポイント

http://universalreha.com/wp-content/uploads/2020/01/66db42a2711cfd74ccef5fe6bf4e7f47.pdf

66db42a2711cfd74ccef5fe6bf4e7f47

筋緊張検査では、実際には筋の緊張のみを評価しているのではなく、皮膚やその他の軟部組織の緊張も含めて評価しているという事を理解して検査することが重要です。

Ⅴ 参考文献

1)市橋則明(2011)、「運転療法学」p51-56 株式会社文光堂 
2)クラインフォーゲルバッハ(2009) 「機能的運動療法 基礎編」p59-64 シュプリンガージャパン株式会社 
3)クラインフォーゲルバッハ(2009) 「機能的運動療法 応用編」p30-50 シュプリンガージャパン株式会社
4)金子 翼編集(2006) 社団法人作業療法士教会監修 「作業治療学1 身体障害 第4巻」共同医書出版 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL